ノロウイルスや内臓脂肪にもアタックできる!話題の「ラクトフェリン」とは?!

発ガン予防、ノロウイルス感染の予防、ピロリ菌の抑制といった生体防御作用から、内臓脂肪の低減、腸内環境の補正などの健康維持まで、幅広く私たちの体に重要な働きをしてくれる「ラクトフェリン」をご存知ですか?今、世界の研究機関や食品を扱う大手企業から熱い視線を浴びている大注目の成分なのです!
「ラクトフェリン」とは、ヒトの母乳、とくに出産後5日以内の初乳に多く含まれる「タンパク質」です。ヒトの母乳以外にも、哺乳動物の乳、涙、唾液、鼻汁、羊水、血液など体の外分泌液中にも含まれていて、免疫力を高め、体を感染症等の病から守ってくれています。
どんなに対策をしていても完全に食中毒菌と無縁の生活をするのはとても難しいことです。「ラクトフェリン」を毎日続けて摂取することで免疫力を上げ食中毒菌にも強いカラダを作り上げていくことができるのです。
感染症の予防という働きの他にも内臓脂肪を減らしていける効果もありますので、外部からの菌に強く、健やかな体調をキープしていきたい方には正に最適な有効成分です。今日においては技術開発が進み「ラクトフェリン」を効率的に摂取することができるようになってきました。「健康」を意識していらっしゃる方は是非チェックしてみて下さいね!(「ラクトフェリン」は牛乳タンパク質なので牛乳アレルギーの方、とくにお子様には注意が必要になります。)

 

ラクトフェリン ランキング

ライオン ラクトフェリン

  1. 内臓脂肪を減らし、BMIを改善できることを科学的に実証された高品質なラクトフェリンサプリ
  2. 独自の技術で胃で溶けずに腸まで届いて内臓脂肪に直接アタック!
  3. 1日分3粒で生乳1L分のラクトフェリン量300mgが摂取可能!
料金 3,218円(初回限定特別価格)
内容量(何日分か) 93粒(約31日分)
形状 錠剤タイプ
濃純ラクトフェリン100

  1. ラクトフェリンに加えヒアルロン酸・コラーゲン・コンドロイチンも一緒に摂れる
  2. 医薬品技術から考案された特許技術で」ラクトフェリンが腸に届くまで分解されない
  3. ユーザー目線で作られたユーザー発のラクトフェリンサプリ
料金 8,073円(定期お届けコースに申し込んだ場合の1カ月分)
内容量(何日分か) 90粒(約1ヶ月分)
形状 錠剤タイプ
DHCラクトフェリン

  1. 水なしでいつでもどこでもトローチのように摂れる
  2. ビフィズス菌3億個とオリゴ糖も同時に摂れるサプリ
  3. 高い安全性が確保された国内工場での製造
料金 1,836円
内容量(何日分か) 30日分
形状 トローチタイプ

 

 

 

ここがスゴイ!ライオンの「ラクトフェリン」サプリメント

ライオンの「ラクトフェリン」サプリメントの特徴についてご紹介していきます。
1,独自の技術で胃酸や消化酵素に分解されずに腸まで届けることに成功!
「ラクトフェリン」はそのまま体内に入っても胃で分解され腸に届くことが難しいとされてきました。ライオンでは研究を重ね、独自のコーティング技術(特許出願中)で「ラクトフェリン」を包み、胃酸や消化酵素に分解されることなく腸までしっかり届けることに成功したのです!「ラクトフェリン」が内臓脂肪にアタックするには、腸に届くことこそが大切です。
2,ダブルの効果で脂肪をバラバラにして蓄積させないカラダに!
腸まで届いた「ラクトフェリン」は@脂肪をバラバラに分解してくれる酵素「リパーゼ」の働きを促進。それと共にA新しく脂肪が合成されるのを抑え、脂肪がつきにくいカラダへと導きます。
ライオンは、「ラクトフェリン」の摂取により内臓脂肪と高めのBMIが低減できるということを、世界で初めて科学的に実証しました。10年以上にわたる地道な研究で培われたライオンの「ラクトフェリン」サプリメントの力をあなたも体感してみませんか?

 

ラクトフェリンが身体にもたらす良い効果とは

「ラクトフェリン」に期待できる主な機能として@生体防御作用とA健康維持・増進作用があります。
生体防御作用とは、免疫力を高めて菌やウイルスからの攻撃を防ぐ働きのことです。具体的には発ガン予防、NK(ニューキラー)細胞の活性化、ノロウイルス・病原性大腸菌の感染予防、ピロリ菌・歯周病菌の抑制などが挙げられます。NK細胞とは、がん細胞に感染した細胞を見つけ出して攻撃し体を守ってくれる細胞です。「ラクトフェリン」は「ヘリコバクターピロリ菌」に対しても強い抗菌作用を発揮し胃の健康状態を保ってくれます。
健康維持・増進作用としては、腸内環境を整える、貧血の改善、活性酸素の発生を抑制、内臓脂肪を減少させる、といった効果が期待できます。
「ラクトフェリン」はノロウイルス・O157などの食中毒菌にたいしても強い効果を持ち、免疫力を上げ、体内で食中毒菌のタンパク質を分解して菌の増殖を防いでくれます。
「ラクトフェリン」を毎日の習慣にして、菌や病気に強い健やかな体作りをしていきたいですね。

ラクトフェリンを食材から摂取する方法

「ラクトフェリン」は食品から摂取することも可能ですが、熱に弱く、製造過程で高温殺菌の工程があるとその性質が壊れてしまうため、加熱処理がなされた商品には「ラクトフェリン」は含まれていません。
「ラクトフェリン」が摂取できる食品として以下のものが挙げられます。
・低温殺菌牛乳
・低温殺菌のナチュラルチーズ(ゴーダチーズ・チェダーチーズなど)
・「ラクトフェリン」含有が明記されたヨーグルト
・母乳
殺菌される前の牛乳(生乳)には、100mlあたり30mgの「ラクトフェリン」が含まれているのですが、市販されている一般的な牛乳は製造過程で過熱処理されておりますのでほとんど含まれていません。
出産後5日以内のヒトの母乳(初乳)には100mlあたり約600mg、出産後3週間を経過した母乳には約200mgの「ラクトフェリン」が含まれています。上記のようなナチュラルチーズでは100gあたり約0.3gほど摂取できるでしょう。
一般的な食材から摂取できる「ラクトフェリン」の量はわずかな場合が多いです。最近では技術開発が進み、「ラクトフェリン」の性質を壊さないまま殺菌・抽出し、ヨーグルトやサプリメントなどへと製品化できるようになってきました。ご自身に合った「ラクトフェリン」の摂り方をみつけて、健康な毎日の一助にしていけるといいですね。